仮想通貨の暴落時はアルトコインの買い時である事を理解しよう


投稿日:



こんにちは。@napchanです。

ビットコインの大暴落

仮想通貨相場が大暴落中ですね。2017年には200万円以上の値がついていたビットコインが90万円台の攻防。全面安の展開ですので、アルトコインもピーク値の半額以下になってしまっています。

さて、このような状況ではどのように立ち回れば損を抑える事が出来るのでしょうか。

 

繰り返されるビットコインの暴落

まず復習ですが、このようなビットコインの大暴落は幾度も繰り返されています。

例えば以下のチャート。この時は約1年かけて10万円から一時2万円程度に大暴落しています。

その下落率は5分の1。今90万円程度で推移しているのが可愛く思えますね。当時の下落率なら、200万円だったビットコインが40万円程度にまで下がる事になります。

仮想通貨は、幾度もこのような大暴落を繰り返しながら成長してきた通貨です。ですから、これも何度も言われる事ですがとにかくホールド。戦略としては間違っていません。ただ、注意が必要なのがホールドする期間。

この時は1年近く下落相場を作っていますから、今回の下落もひょっとしたら非常に長期になってしまう可能性があります。

2014年のチャートと類似?

ビットコインは基本的に右肩上がりのトレンドですが、一度だけ1年もの間、下落相場を続けた年があります。それが2014年なのですが、この2014年と2018年のチャートが類似しているのでは無いかという指摘が、一部の海外ユーザーから出ています。

こちらが2014年のチャートと2018年のチャートです。

 

 

 

 

確かに似ていますね。

更にもう一つ。2014年は下落相場だったのですが、実は2013年はビットコインが暴騰した年でもありました。つまり、2013年に暴騰しすぎたので2014年に調整が入ったと見る事も出来ます。

以下は、2013年のチャートと2017年のチャートです。殆ど同じ形です。

 

 

 

 

2013年の後半にかけて、ビットコインは暴騰→2014年は調整のため下落相場

2017年の後半にかけて、ビットコインは暴騰→2018年は調整のため下落相場へ?

こうしてチャートを見ていくと、今年はビットコインそして仮想通貨にとって厳しい時代に入ったのかもしれません。

アルトコイン(草コイン)の価値は見た目以上に毀損する

さて、仮想通貨は何もビットコインだけではありません。アルトコイン(草コイン)と呼ばれるコインの価値はどのようになっているのでしょうか。

草コインの定義は色々ありますが、ここでは日本円で直接買えない仮想通貨とします。

例として、当サイトでも取り上げた、TRON(TRX)の状況を確認してみましょう。

参考リンク:仮想通貨TRON(TRX)徹底解説 TRXとは何か

以下はTRONのチャートです。

TRONは17satoshiだったものがmoonし250satoshiあたりへ。ここでレンジを形成した後にもう2回目のmoonで一時で2000satoshiを付けました。

そして仮想通貨の大暴落の影響を受け、現在は450satoshiあたりをつけています。

Satoshiとは?

Satoshiとは、主にアルトコインを取引する際に使用される単位。草コインをBTC換算すると小数点が多すぎるために使用する。

1Satoshi=0.00000001BTC

1BTCが100万円の時、1satoshiは0.01円。

 

さて、仮に2回目のmoonをした際に100万円分TRONを購入したとしましょう。その時のTRONは900satoshiだっとします。現在450satoshiですが、この時一体日本円ではいくらになるでしょうか。

450satoshi ÷ 900satoshi =0.5

100万円 ÷ 0.5 = 50万円

とはなりません。日本円ではもっと下がっています。

900satoshiから450satoshiに、つまり半分になったのだから100万円が50万円になったのだろうと思ってしまいがちなんですよね。ここに狼狽売りの落とし穴が待っているのです。

実際には、ビットコインの影響を受けて日本円では見た目以上に価値が落ちています。

2回目のmoon時に200万円だったビットコインが、今は100万円になっている訳ですから、更に半分です。

TRONの価値:450satoshi ÷ 900satoshi =0.5

ビットコインの価値: 100万円 ÷ 200万円 = 0.5

100万円 ÷ 0.5 ÷ 0.5 = 25万円

つまり日本円の資産としてみると、100万円投資した分がなんと4分の1にまでなってしまっているのです。スマホの管理アプリやCoin Geckoなどで確認すると、JPYとしてはこのような悲惨な状態になってしまいます。

ビットコインが暴落すると、仮想通貨全体の暴落が起こりますので、当然アルトコインも暴落します。そうするとアルトコインに投資している投資家は、目に見えて日本円としての価値が減っていく事に耐え切れずに狼狽売りをしてしまう訳です。

この仕組みが理解出来たでしょうか。

仮想通貨の暴落時にアルトコインを買うとどうなるか

では逆に、ビットコインもアルトコインも安い時に投資をするとどうなるのか。

もうお分かりだと思いますが、一応確認します。

今ビットコインの価格が100万円だとします。そしてTRONの価格が450satoshiだとしましょう。ここで100万円分を購入します。

3か月後、相場が回復してビットコインが200万円に戻り、TRONが900satoshiまで戻したらなんと

TRON:900satoshi ÷ 450satoshi = 2

ビットコイン:200万 ÷ 100万円 = 2

資産:100万円 × 2 × 2 =400万円

一気に4倍になります。TRONがたったの2倍になっただけでこれだけの資産になるのです。

では更に仮に、ビットコインが高値付近の250万円を、TRONが高値付近の2700satoshiをつけたらどうなるのか。

TRON:2700satoshi ÷ 450satoshi = 6

ビットコイン:250万 ÷ 100万円 = 2.5

資産:100万円 × 6 × 2.5 =1500万円

なんと、100万円の資産が1500万円にまでなります。しかも、これは夢のような数値を入れている訳ではなく、あくまで現実的な数値で試算しています。アルトコインは、10倍ぐらいにはなる可能性が十分にありますから、もしTRONが10倍になれば2500万円になってしまいます。

これが、仮想通貨暴落時にアルトコインを購入する事による爆発力です。お分かりいただけましたでしょうか。

ただし、アルトコインというのはそれだけのリスクがあるという事です。数ある仮想通貨の淘汰に生き残れる保証もありません。リスクが大きいからリターンが大きい。これは肝に銘じておいてください。