仮想通貨TRON(TRX)徹底解説 TRXとは何か


投稿日:

最終更新日:

仮想通貨TRON(TRX・TRONIX)を解説します。

 

公式サイトなど

 

TRONのホワイトペーパー疑惑とは

2018年1月31日追記

事の発端は、海外のJuan Benetというユーザーが指摘したTRONのホワイトペーパーの盗作疑惑。以下のツイートにより、TRONはSCAMでは無いかと騒がれ、価格も一時暴落しました。

※ただし、今現在は盗作では無かった事が分かっています。


しかし、のちに公式はこれを否定。

It’s very obvious that java-tron is based on the ethereumj project.
E.g. compare these two files (Just a random example out of many):

We referred some codes of ETH due to the festinate time, we apologize for it and will correct it immediately.

 

そもそも、ホワイトペーパーは他のホワイトペーパーを一部参照する事が多く、一部が引用されているからといって、それだけで盗用したと判断するのは早計です。しかし、TRONの場合はきちんと引用のルールに従っていなかったため、このような疑いを持たれたものと思われます。

更に言えば、TRONはイーサリアムのトークンですから、同じようにイーサリアムのトークンである他の多くの通貨と、部分的に同じ記述になる事は十分にあり得る話です。とはいえ、無断でコピペしてしまうのはあまりにお粗末です。今現在では盗作では無かったという事が分かっていますが、今後はこのような誤解を生まないように運営していってもらいたいですね。

 

TRON(TRX)とは

TRONは、ブロックチェーン技術と分散ストレージ技術を用いて、世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指したブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

 

というのが概要ですが、これではあまり意味が分かりませんよね。

それぞれ解説していきます。

 

ブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術とは、簡単に言うとデーターベースです。

ここでいうデーターベースというのは、仮想通貨TRONの決済情報等が格納された情報だと思っていればオッケーです。

銀行などを想像してもらえれば分かるかと思いますが、私たちの銀行口座の入出金記録は、その都度その銀行のデーターベースに記録されます。

仮想通貨TRON(TRX)は、そのデーターベースを管理する中央銀行的なモノは存在しません。TRONは、データーベースを細かくブロック状にして管理し、それらをチェーンの様に繋げて管理しているわけです。

そして、それらの管理や処理情報は、マイニングによって処理されています。

マイニングとは、その字面から通貨を発掘するためにひたすら難解な計算をしているだけだと思われがちですが、実際は決済などの様々な処理を行っています。

 

分散ストレージ技術

分散ストレージとは、通常のPCのように、1台のHDD(記憶装置)にデータを格納しておくのではなく、多くの記憶装置に分散してデータを格納しておく技術です。それらを仮想的に1つの記憶装置(ストレージ)として扱っています。

 

分散型プロトコル

分散型プロトコルについては、私が解説出来るほどの知識を有していませんので、後で勉強してから追記する予定です。

 

改めて先の一文を読み解く

TRONは、ブロックチェーン技術と分散ストレージ技術を用いて、世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指したブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

され、ここまでで気づいた方もいるかもしれませんが、ブロックチェーン技術や分散ストレージ技術というのは、TRONが初めて採用した技術ではありません。仮想通貨では一般的に採用されている(ビットコイン・BTC)などでも採用されている技術です。

つまり、TRONで重要なのは従来の仮想通貨の技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指した」という部分です。

 

TRONの計画

ここで公式サイトに掲載されているTRONの計画を確認します。

おおきく、5段階で考えています。今は1から2になろうとしている所でしょうか。

まあ、これはただの計画なので適当に読み流してOKかと。

 

1.Exodus

Exodusフェーズでは、分散ストレージテクノロジーに基づき、データの発行、格納および配布のための自由で信頼性の高いプラットフォームを提供します。

2. Odyssey

経済的インセンティブ、エンパワーメント、コンテンツエコロジー、ブロックチェーン技術は、競争力のある経済メカニズムを作り出します。

コンテンツが作り出され、システムが拡張されます。

3. Great Voyage

TRONは、ブロックチェーンの利点を基に、所得、配当の支払い、サポーターの管理の3つの主要な問題を解決し、ファン経済からファンファンドへの大きな転換を実現します。

4. Apollo

各コンテンツの開発者が独自のトークンを発行できるという目標を達成するためには、取引のためのソリューションが必要です。

新たな取引プラットフォームを確立することにより、システムの価値、財産権、リスクを自由に交換して交換することができ、システム全体の経済的活力を指数的に高めることができます。

5. Star Trek

TRONコンテンツプラットフォームによって、集中化されていないオンラインゲームプラットフォームを構築することを可能にします。

開発者は、TRONを通じて自由にオンラインゲームプラットフォームを構築し、完全に自律的なゲームを提供し、市場機能を予測することができます。

6.Eternity

TRONは、オンラインゲームプラットフォームを確立する可能性を持っている。

開発者は、TRONを通じてゲームプラットフォームを自由に設定し、ゲーム開発のためのファンディング資金を獲得し、投資家がゲームに投資することを可能にする。

 

Game.comとの提携

Game.comとは、ブロックチェーンのゲームコンテンツを中心としたオンラインゲームプラットフォームです。Game.com自身も、GTCという通貨を用意しているようです。

2018年1月現在、大したコンテンツはありませんのでこれがTRONの価値にすぐに結びつくかどうかは一考の余地があります。

ただし、Game.comというドメイン名(サイトのURL)は非常に価値が高いです。このサイトと提携したというのは、ジャスティン(TRONのCEO)のやる気を確認する程度には約に立ちます。

※Game.comのような短く、分かりやすいドメイン名は非常に高値で取引される

 

上に掲載した画像は、元々、イーサリアム(Ethereum・ETH)用に用意していたゲームをTRON(TRX)用にカスタマイズしたペットゲーム(宠物星球)ですね。これを1月3日にリリースしています。

このゲーム、プレイしてはいませんが、正直いってあまり面白そうでは無いです。今後の展開に期待、といった所でしょうか。

 

日本の仮想通貨取引所に上場?

2017年12月25日に、ジャスティンがこのように発言しています。

 

一部、Twitterなどで1月8日に日本の取引所に上場するかのような噂が流れていますが、これは事実では無いでしょう。日本の金融規制当局・財務局?に申請するつもりである、とうだけです。

実際に上場されれば価格はかなり上昇する事が予想されます。

 

アリババと提携?

 

アリババというのは、中国のサービスプラットフォームで、まあ日本でいえばYahoo!みたいなものでしょうか。日本では知っている人も少ないですが、アリババの時価総額はあのトヨタやサムスンすら上回る、といえば分かりやすいでしょうか。

そんなアリババのサービス一つであるAliexpress(アリエクスプレス)と提携する事を12月15日に発表しています。今後も提携が進めば、TRONが実際の通貨並みの価値を持つ事になってきます。

ただし、ゲームコンテンツとは少し離れた所での話題になっているので、TRONという通貨の成り立ちを考えると一貫性は無い気がします。が、今の時点で、仮想通貨がAliexpressという実際のショッピングサイトで使用出来るようになれば、TRONの価値を一気に引き上げる要因になるでしょう。

 

さて、ここまで2018年1月現在で分かっているTRON(TRX)についての情報を整理しました。

購入の仕方や、追加情報は追記していきます。